漢方薬

漢方薬の効果について

 

病気は気持ちからなどと言われる。このごろの状態は時として体にも大きな影響を与えるといいます。特にストレスを感じやすい現代社会で、眠れない、喉に何科使えた感じがするといった人が増えている。

 

現代医学では、そのような症状の治療に抗不安薬や睡眠誘導剤が使われている。症状によっては数値的な異常が見つからずに結果的に服用するだけで終わってしまうとのこと、、、。そんなことでいいのかと考えさせられる、、、。

 

一方で、漢方による治療では自分を悩ませる症状を単なる一つの症状と備えている人もいます。症状の根本にあるバランスを崩した体の状態、それを正常な状態に整え、自分がもともと持っている治す力を呼び覚ますことで結果として症状を改善してくのが漢方。

 

薬を服用するのもひとつの手段だと思いますが、いろんなことを考えると、漢方薬が望ましい選択かもしれない。

ホーム RSS購読 サイトマップ